menu


銀行系カードローンのメリット

カードローンのサービスを行っているのは銀行だけではありません。

消費者金融や信販会社などの貸金業者もサービスを展開しています。

その中でもやはり人気があるのが銀行系のローンです。

なぜなら、銀行系ローンには他の系列ローンにはないメリットがたくさんあるからです。

銀行系ローンのメリットの一つは信頼感でしょう。

同じサービスを提供している場合でも、利用者にとっては知名度の高い銀行が行っているサービスのほうがやはり安心感があります。

また、銀行は資金的にも潤沢なので、その銀行がバックについているということは倒産のリスクもなく安心して利用することができるからです。

もう一つのメリットは金利の低さです。

これも銀行の潤沢な資金が背景にあります。

貸金業者の場合には利用者に貸し付ける資金を銀行から借り入れるため、その分調達資金が多くかかってしまいます。

一方、銀行は預金などの内部資金を融資に回すので調達に費用がかからず、低い金利で貸し出すことが可能となるのです。

そして、銀行は総量規制の適用を受けないということも非常に大きなメリットです。

貸金業法の改正によって貸金業者から借りられるお金は年収の3分の1までに制限されていますから、その上限に達してしまえば貸金業者のカードローンは利用できなくなってしまいます。

しかし、銀行系ローンの場合にはそのような制限がありませんから、まとまった金額が必要な利用者にとっては使い勝手が非常に良いのです。